013814

シニア掲示板 シニア向け話題なら何でも
適当なテーマが見つからない場合、この掲示板をご利用ください。


[Home未使用アルバムHelp文字検索過去記事] [管理用]
おなまえ
Eメール スパム投稿対策のため、メールアドレス入力は停止中です。
タイトル
コメント
参照URL スパム投稿対策のため、URL入力は停止中です。必要な場合には本文にお書きください。
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
終末2題カタカナ語に悩み平均寿命が延びた言うまいと思えど今日の暑さかなゲゲゲの女房猛暑続き最近の広告を見ての感じ記憶容量の減少弔辞燃えた人形若く見えると思ったの「前門の虎 後門の狼」余命あと3月世の中が変わった「今日は何の日」高齢者の幸せは騙された者の悲嘆は自分に向かって弱者に責任負わせ養育放棄大人の都合車社会無能集団秋の夕日はつるべ落とし心の道子への愛情子供の日統合基本的人権英語を日本の国語にする。

終末2題 投稿者:老爺 投稿日:2019/08/17(Sat) 11:30 No.281    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
そのT
近所のAさんは、長く勤めていた会社を定年退職した後、老夫婦が住むに相応しい、小さな平屋建ての家を建て住み始めました。老爺は、この家を見て、こんなコジンマリとした家なら、冷暖房完備にしたら、さぞ住みよい生活ができるだろうと羨ましく思っておりました。
その頃、Aさんの隣に住むBさんが市会議員選挙に立候補したため、近所のよしみからか、その選挙事務所を担当するようになりました。
選挙事務所には、夜遅くまで来客があり多忙な日を送っていたようです。
Aさんは、この間の疲れが溜まったせいか、選挙の投票日の前日の夜に急死してしまいました。
思うに、この選挙期間中の事務所の多忙な仕事がなければ、老後を生きながらえたとひそかに思った次第です。
その2
kさんは、少し離れたところに住むNさんと、親しい付き合いをしていたとのことです。
たまたま、Nさんが急病で倒れ、肉親の数人が臨終の席に立ち会っていました。
その時、立ち会って人の中から、日頃親しくしていた、Kさんに来てもらったらと進言した人がおり、Kさんに連絡しました。
この日の夜は、大変な極寒の夜でありましたが、連絡に応えてKさんは、歩いてNさん宅へ向かえました。
このころ、このKさんには、高血圧の持病があり通院中の身でした。
Kさんは、寒さの中を歩いたのが原因かどうかわかりませんが、Nさん宅へ到着と同時に脳溢血を起こして急死してしまいました。Kさんを呼んだのは善意によるものとは思います。





Re: 終末2題 - 丸男 2019/08/17(Sat) 14:02 No.282
友人との交流や冠婚葬祭の付き合いなども、
高齢になったらほどほどにと言うことなのでしょうね。

高齢者の葬儀で、参列者の中に、腰が曲がり、杖をつき、やっと歩いている高齢者を見かけます。
義理を欠かせないため、あるいはどうしても参列したかったなど、それぞれの理由でしょうが、
自身が大変な状況の時に、余り無理しない方が賢明と思います。

死に至るほど骨を折ってしまう真面目さ、律義さ、我慢強さ・・・日本人気質なのか、個人的なものなのか、どうなのでしょうね。
弱音を吐くみたいに思われるのが嫌なのでしょうかね。
昔「”No”と言えない日本人」と言う本がベストセラーになったことを思い出しました。


カタカナ語に悩み 投稿者:老爺 投稿日:2019/08/17(Sat) 09:59 No.280    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
これは、愚かな私だけの問題かもしれませんが、最近、テレビや広報誌にあるカタカナ語の多さに難渋しています。
ちなみに、市の広報誌8月号に書いてあるあるカタカナ語の一部を列挙してみると
プロモーション動画 フェステバル マチイロ プレミアム インスタグラム アレジメント
フライングディスク ワンストップ相談 オリエンテーション ヒューマンフェスタ ナビゲータ
ジョブサポート ソーシャルメデア ノルディックウォーキング ストレッチ ヨガマット 
ケアセンター リトミック アロマテラピー メモリアルフレーム シーティプロモーション 
フィットネス
これらの言葉には、既に日本語化されているのが多いのだとは思いますが、昭和初期に生まれた人間には理解ができない言葉が多い。
追記
前記のカタカナ語を、30歳の知人に見せたところ、不明の言葉は1つだけで、あとは全部知っている言葉だと答えました。つまり、これらのカタカナ語は、常識の範囲だということだと知る。


平均寿命が延びた 投稿者:老爺 投稿日:2019/08/16(Fri) 15:11 No.279    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
このほど、最新の日本人の平均寿命が報じられました。
それによると、男81、09歳 女 87、26歳ということで、平均寿命が伸びたという。
これについて,識者の説明を見ると、平均寿命は延びたが、健康寿命は延びていたいという。
ということは、介護対象になる年齢だけが伸びたということですから、一概に喜んではいられないということである。
残念!!。

言うまいと思えど今日の暑さかな 投稿者:老爺 投稿日:2019/08/09(Fri) 09:48 No.278    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
「言うまいと 思えど今日の 暑さかな」の原文は、暑さでなく寒さなのだが。
とにかく暑いので、へとへとの日を送っていますが、冷房をつけて一日室内で過ごすのもよいが、その間の無聊を過ごすのは大変です。
この間の過ごし方については、90歳の老爺が言う前に、諸賢は先刻ご承知でしょうが、私は今、タブレットで「昭和歌謡大全集」を開いて、昔の高峰秀子から美空ひばりまでの、長い年月の間の沢山の有名歌手の歌を聞いて過ごしています。
一回の検索すれば、次々と、歌は数時間も続くので、その間は手間もかかりません。この「昭和歌謡大全集」は、年代により、いくつかに分かれて収録されているので、全部聞いたら一日位要しましょう。
岡春夫、並木路子など、昔懐かしい顔ぶれの写真と歌が続きます。
昔の歌に興味のある方はお試しを。


ゲゲゲの女房 投稿者:老爺 投稿日:2019/08/01(Thu) 11:30 No.272    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
NHKテレビ、午後4時20分からの放送「ゲゲゲの女房」は、今から9年前の連続テレビの再放送です。
これは、漫画家水木しげるをモデルにされたものですが、最初ころの放送の場面に、見合い後5日で結婚した内容になっています。
これを見て、ナント早急に結婚したものと吃驚された人が多いでしょう。
いま、老爺が、ここに、どうしてこれを、書き込んだかというと、実は老爺は見合いから12日後に結婚式をあげたという経験者だからです。
ここに、戦後間もないこの頃の、社会情勢について知ってもらわなければなりません。
通信手段として、電話は村役場、駐在所、郵便局にしかなく、移動手段も車もバイクもありません。個人としてもスマホ・ガラケーもない時代です。
こんな社会情勢のもとでは、結婚に至る手段としては、いわゆる仲人さんを頼るしかないのが方法はありません。
このころは、村には仲人を趣味(?)としている人多くおりました。
当時、独り暮らしをしている老爺のもとにも数度にわたる仲人の訪問を受けました。
相手のことについては、前述のように通信手段を持たないので、仲人さんの口から状況を聞く以外に方法がなく、そのままお見合いに突入してしまいました。
見合後は、仲人さんは、直ちに老爺と相手の両親の間を取り持ち、その結果、連絡を受けたのが見合いした2月16日に対し、12日後の2月28日に決めたという連絡を受けました。
これを聞いて、結婚式前に会って、いろいろ話をしてみたいこともあり、手紙を出したが返事がありません。
その間の12日というのは、瞬く間に過ぎて結婚式の日を迎えてしまいました。
当時の結婚式は、今のように結婚式場でなく、いわゆる両家の親せきが集まっての人前結婚式でした。
戦後は、新婚旅行は、なかなかできない経済状況でしたが、職場の上司から新婚旅行だけはやらないと後々までも言われるからといわれていたので、これについては準備しておりました。
式の半ばで、出かける列車の出発が迫り、新婚旅行のことを聞いていない花嫁は、さぞ慌てたことでしょう。
その後のことは省略します。

Re: ゲゲゲの女房 - 丸男 2019/08/02(Fri) 16:50 No.273
戦後間もない昭和時代のモノクロ映画を観ているようです。
さしずめ、監督・小津安二郎、主演・笠智衆でしょうか。
式半ばで列車の時間が迫って来たとは、ドラマチックです。

その頃は、見合い結婚が主流で、相手も親や親戚が決めたり、
結婚式まで相手の顔を見たこともない場合が珍しくなかったようですね。

現在は、恋愛は自由で、結婚前に何人もの相手と交際し、
その誰かと結婚するかと言うとそうでもなく、合コンなどで婚活し、ネットで相手を探し、
「できちゃった結婚」や、結局は結婚もしないで「お一人様」ライフを楽しんだりと、
結婚観が大きく変わってしまいましたね。

全て自由な現代がいいのかと言うと、そうでもないような気がします。


Re: ゲゲゲの女房 12日で結婚 - 老爺 2019/08/06(Tue) 15:50 No.275
ここにお見合いしてから、どういうわけで、12日目という短期間に結婚したかについてお話しします。
その前に、当時の社会情勢について書いてみます。
昭和30年といえば、終戦後日も浅く、たれもが経済的に貧しいころです。
結婚しても、自分で家を建てるような資金を持たないから、大きめな家の一部を間借りして住む人が多かった。また、これができない人は、婿養子となる人も多かったのです。
さて、問題の嫁候補は、4人姉妹の末娘A子ですが、上の3人は、すでに、農家に嫁いでしまったので、嫁入りを待つばかりの立場でした。
ところで、農家といえば、今のように機械化されておらないため、米つくり、野菜つくり、養蚕等で過酷な環境であり、嫁入りすれば
これらの農業に従事するほか、洗濯や食事の手当てをすることになり過酷なものです。
この嫁いだ3人の娘の実状を知っている父親は、A子には、これをさせまいと考えて農家以外の嫁入り先を探しました。幸い、長姉の嫁入りした先の夫には、都内で公務員をしている弟がおり、これに白羽の矢を立てました。
当時の公務員の月給は安月給の代名詞となるほど安い物でした。
そこでA子の父親は、家の敷地内にある立木を切って、家の建材とし、建設資金は提供して新居を作りました。後は結婚の日を待つばかりとなりました。
当時の農村では、村内に起こる出来事は、すぐに口コミで伝わり、都内の新居へ嫁入りするA子は、地域の羨望の的となりました。
A子の父親は、農作業が一段落した8月になり、秋に挙げる結婚の日を決めるため上京することになりました。
当時は、電話は村役場と駐在所しかない時代でしたから、事前の連絡もしないで出かけました。
上京した父親は、新居に着いて玄関の呼び鈴を押したところ驚くべき事態となりました。
それは、家の中から出てきたのは、T男でなく、割烹着を着た誰が見ても、この家の主婦と見える女性だったのです。それを見て父親は、一瞬にしてすべてを悟りました。つまり、A子の夫となるべきT男の妻が出てきたというわけです。
前に書いたように、世間は、すべて貧しい時代でしたから、多分持ち家のある独身の男性は、若い独身女性にとっては垂涎の的といえるでしょうから、この女性は、押しかけ妻となったのでしょう。
父親は、交わす言葉の無くそのまま帰宅したという。
これらの話は、瞬く間に地域内に広まり、A子は、破談の悲しみとともに肩身の狭い日常を過ごすようになったのです。
これら事情があるためか、仲人さんも寄り付きません。
地域の若い女性は皆結婚し、A子は、一人身になってしまいました。
そんな時、見かねた隣家のTさんが、老爺のところへ縁談を進めてきという次第です。
前述の破談の話は一切秘密でしたから、前述の破談の話が耳に入って、再び破談になるのを恐れて、見合いの12日後という短い日の挙式となったという次第です。
以上が、見合いから結婚式まで12日という短期間で挙式に至った事情はお分かりいただけたと思います。
以上は、A子である妻から聞いた話です。
この話は、後日談があります。
後日、T男さんは、自宅へ職場の知人数人を食事に招きました。帰るときに、バス停留所へ送りに行き、酔っていたためか、29歳の若さで、バスに轢かれて即死してしまいました。

末筆ながら、念のためにつけ加えますが、A子と結婚した老爺は、大変幸せでな生活を送りました。




Re: ゲゲゲの女房 - 丸男 2019/08/07(Wed) 12:12 No.277
家を新築してあげて、娘婿になる予定だった若者が、何の知らせもなく裏切ったこと。
後に老爺さんの奥様となるA子さんの哀しみはさることながら、
父親の虚しさ、やるせなさはいかほどのものだったでしょう。
父親はきっと
「こんな男とは結婚しないでよかった」
とA子さんを慰めたことでしょう。

そんな悲しい思いを抱えて明け暮れるA子さんの前に突然現れた若者。
真面目そうで誠実そうで、A子さんにとっては白馬の王子だったことでしょう。

その若者・老爺さんとA子さんが仲睦まじく幸せな生活を送ったこと、
こちらも幸せな気分になりました。
これもまた小津安二郎映画を観ているようでした。


猛暑続き 投稿者:丸男 投稿日:2019/08/06(Tue) 11:02 No.274    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
皆さんこんにちは。
長い梅雨が明けた途端に猛暑日が続いています。
ご当地伊勢崎市では、今日の午後2時頃には37.7度の予報が出ています。

ところで、皆さんは暑さ対策はどうしていますか?
エアコン効かせて涼む?水風呂に入る?
家の窓をグリーンカーテンや”よしず”で覆う?家の周りに水を打つ?
お金のある人は避暑地に逃げる?

最近の暑さ対策の話題を一つ・・・それはクールシェア。
ショッピングモールや公共施設に出かけて、日中の暑い時間を過ごすこと(涼しさをシェアすること)。
公共施設の場合は食事は難しそうですが、
ショッピングモールなら、フードコートやらで飲食も自由。

ひと夏の暑さ対策、近所にこれらがある方は試してみてください。

Re: 猛暑続き - 老爺 2019/08/06(Tue) 16:12 No.276
このところの暑さにはホトホト参りました。
私の住む町は、昨年7月に41,1度という日本記録の高温となった熊谷市の隣りですから、伊勢崎並みの暑さです。
幸い、家から5分のところに図書館がありますので、暑さしのぎと暇つぶしに利用しています。
ご紹介のあった場所もまわって見ます。


最近の広告を見ての感じ 投稿者:老爺 投稿日:2019/07/25(Thu) 11:32 No.270    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
戦中戦後の厳しい生活を体験した身では、最近の広告を見て驚くことが多い。
肥満を防ぐ飲み薬の広告を見ると、飢餓を経験した身では、エッと驚愕してしまいます。
また、加齢による体力の衰えを防ぎ、容貌保つ薬の出現は、ナント自然に逆らったものよと思います。
飲み水は、水道の蛇口を捻れば、タダ同然ですが、息子は、ペッボトルの水を段ボールで購入しているのを見ると、銭を捨てているように見えてしまう。
時代が違うよと言われそうですが、いわれても仕方ありませんネ。

Re: 最近の広告を見ての感じ - 丸男 2019/07/26(Fri) 12:18 No.271
食べ過ぎてダイエットに金をかけ、
アンチエイジングと称して若返りのエステやサプリに金をかけ、
職場では力仕事を敬遠しながら、スポーツジムに金を払って器具と闘い、
今は、何をするにもビジネスで、人々もそれに乗せられます。
お金の使い方は個人の自由で、経済活性化に貢献している言えばそれまでですが、
半世紀以上前だったら考えられない業種が増えていますよね。

・・・等と言いながら、水だけはカルキ臭が苦手なので、長年浄水器を使用し、
外出時にはペットボトルの水を持参したりしています。


記憶容量の減少 投稿者:老爺 投稿日:2019/07/20(Sat) 09:47 No.269    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
日進月歩の世の中、IT関係機器等の記憶容量は増加を辿っているのですが、一方人間の頭の記憶容量は、加齢とともに減少していくようで不安でなりません。
それも80歳代の時は、それほど顕著に感じませんでしたが、これを超えた今は、毎日のように感じます。
逢った人の名前が思い出せないのは序の口で、テレビやラジオに出てくる人物や植物等の固有名詞は、知っているのに、その姿が思い出せないことがしばしばです。
最近、吾ながらあきれるのは、何かを調べようとパソコンにスイッチを入れたのに、立ち上がると、何を調べようとしたのか思い出せないことが多いことにはわれながらあきれます。
でも、外出しても無事に帰宅しているし、毎日の3度の食事が作っているので、最低必要な記憶容量は残っているのだと慰めています。
諸賢にはこんなことは勿論ないと思いますが。

弔辞 投稿者:老爺 投稿日:2019/07/03(Wed) 11:22 No.265    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
 弔辞といえば葬儀で、故人の生前における業績等について、近親者が述べる挨拶で、大抵個人をほめるのが通例です。先日、近所の老人の葬式に参列した時に聞いた弔辞は、故人の生前における人格識見、業績等について述べられており、いままでの葬式の弔辞では聞いたことの無い賛辞にあふれた内容でありすっかり驚いてしまいました。
これだけであれば取り立てて言うことははないのですが。
次のような出来事があり、賛辞に満ちた挨拶と、次のような出来事があり驚いた次第です。
前述の葬儀のあった故人の家は、我が家のすぐ近くに住んでおりますが、近所付き合いもなく、話を交わすことがありませんでしたから、夫婦仲がどうなのか知る由もありません
これは、故人の家に関する事です。時々次のような出来事がありました。それは、夜の10時ごろ、我が家の傍らの道路をバタバタと駆ける足音が聞こえ、その10秒くらい後を、男の大声で「このアマ待て。」という、先に走る人を追いかける足音が聞こえるのです。
今の時代の夫婦喧嘩は、家の中ですると思いますが、夜更けに、逃げる妻を追いかける夫婦喧嘩は想像もできませんでした。そのうちに、時々、この追いかける足音を聞くと「また始まったか。」と気にもしなくなりましたが。故人となった、今は、その足音は聞くことはできません。
前述の素晴らしい弔辞の賛辞と、件の追いかける足音との落差を、時々思い出します。




Re: 弔辞 - 丸男 2019/07/06(Sat) 21:09 No.267
夫婦喧嘩は犬も食わないと言いますが、
夜更けに、夫婦喧嘩して、逃げる妻と追いかける夫、イメージするだけで微笑ましいです。
夫に先立たれた奥さんは、追いかけて来る人が居なくなって、さびしいでしょうね。
それとも、清々して、羽を伸ばしているでしょうか?


燃えた人形 投稿者:草枕 投稿日:2019/07/01(Mon) 10:31 No.263    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
先日、家から近いところにある、200坪ほどの子供の遊び場に、燃やされた人形があるという話がでました。それが、傍に石油缶あることから、すぐに人形でなく、人間の焼身自殺した、焼死体であることが判明。
その方は、70歳代の未亡人で、息子夫婦と生活している方でした。この家は親子間に悪い噂はなく、こういう事件は考えられない家です。
加齢ということは、たれにも訪れます。楽しい老後ということは約束されることではありません。
いま、男性の平均寿命を10年も過ぎたわが身では、この焼身自殺した方の気持ちがわかるような気がします



Re: 燃えた人形 - 丸男 2019/07/01(Mon) 18:53 No.264
怖い話です。
息子夫婦と同居していて、一体何があったのでしょう。
孤独、喪失感、絶望・・・本人しか分からない原因なのでしょうが、悲しい事件です。

この女性の理由ではなかったかも知れませんが、
今、高齢者の自殺や犯罪が増えていて、背景には老後破産、老後貧困があるようです。
年金だけでは生活保護以下と言う実態が、重くのしかかります。

老後2,000万円問題が現実味を帯びます。


若く見えると思ったの 投稿者:老爺 投稿日:2019/06/27(Thu) 11:06 No.261    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
いま、世間では、相変わらず、おれおれ詐欺が頻発しているようです。
これをうけてか、私の住む町の駅では、お巡りさんが、これを防止するパンフレットを配布し,
騙されないように口頭でも注意をしています。
ところで、この配布する先は無作為に配布しているのではなく、見た目で高齢の人だけを対象としているようです。
先日、駅から降りたとき、大勢の人の中に、自分より高齢と思われる人がいたのですが、お巡りさんは、これらに人には配布せず、真っ直ぐに、私に駆け寄って、そのパンフレットを配布するではありませんか。
日頃から、みんなから「元気ですね。」とか「若く見えますね。」と言われていたので、このお巡りさんの行為に、愕然としてしまいました。やはり公平な目で見ると年相応に見えるのだと納得しました。これで、みんなお世辞がうまかったのだと改めて承知した次第です。お笑いくだされ!!

Re: 若く見えると思ったの - 丸男 2019/06/27(Thu) 17:30 No.262
老爺さん、複雑な心境でしたね。
笑い飛ばしたい話題ですが、結構気になりますよね。

私の4歳年上の友人が、60歳代になってしばらくした頃、電車で席を譲られてショックだったと言ってました。
同じ友人が、地元の子供たちと一緒にイベントに参加した時、小学生から「おじいちゃん」と呼ばれて、やっぱりショックだったようです。

人生100歳時代、60歳や70歳は若造、80歳代になっても年寄扱いされるとちょっと不愉快になりますよね。

私はショッピングモールのATMで現金を引き出そうとした時、
ATMの隣にパトカーを駐車していたお巡りさんに、
「オレオレ詐欺の注意喚起しています。気を付けてくださいね」と声掛けされました。
間違いなく年寄りに見えたんでしょうね。
「ハイ、気を付けます。ご苦労様です」と対応しましたが。


「前門の虎 後門の狼」 投稿者:老爺 投稿日:2019/06/15(Sat) 11:37 No.259    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
 故事にある、「前門の虎後門の狼」(ぜんもんのとらこうもんのおおかみ)の意味は、「何かの災難を逃れても、そのうち、もう一つの災難がやってくるという意味」になります。
 最近高齢運転者にかかわる痛ましい事故が報じられています。このため、高齢者の運転免許証返納についてPRがされています。
 高齢者にとって、運転することは、衰えた体力を補てんする大事な道具です。生活から運転を失うことはを手足を失うことでなく、世間からも遠ざかることを意味します。しかし、高齢者による事故が生じたときは、被害者に対して償うことのできないほどの被害を与えます。
老爺は、これらにのことを考えて、2年前に免許証を返納しましたが、それ以来、季節の移りに花が咲いても、町に祭りがあっても見に行くことできなくなりました。(これが「前門の虎」を意味します。)
 ところで、この不便を補う手段として、自治体が運営するコミュニテイバスの利用がありました。
これには、バス停留所まで歩くという不便はありましすが、それなりに過ごせました。
こんな日々を過ごしているとき、突然、このバス停留所1ケ所だけが、利用者が少ない?という理由で、4月1日から撤去されてしまいました。ほかのコースは増発されたのですから、原因が経済的理由とは考えれません。
 以来、買い出しや通院に利用のバスはできず、足を完全にもがれてしまいました。(これは「後門の狼」を意味します。
 ここへ至って、運転免許証を返納したことを後悔しても「後の祭りです。」

Re: 「前門の虎 後門の狼」 - 丸男 2019/06/16(Sun) 11:19 No.260
高齢ドライバーによる悲惨な事故がクローズアップされ、
高齢者は「自分はいつ返納すればいいのだろう」と、ほぼ強迫観念に近い思いで悩みます。
自覚がある場合や運動能力テスト、認知テストなどで不合格だった場合には仕方ないにしても
社会の圧力が強まって返納せざるを得ない場合には問題です。
特に、老爺さんのようなケースで、移動手段を奪われてしまう場合には社会問題です。
老後2,000万円問題じゃありませんが、移動の度にタクシー代を払う余裕はありません。
徒歩圏だけの活動範囲では、悲し過ぎます。

首都圏のように数分おきに地下鉄やバスが運行している場所ならいいでしょうが、
車が移動手段の地方では大問題です。社会のバックアップが必須です。


余命あと3月 投稿者:老爺 投稿日:2019/06/12(Wed) 14:08 No.257    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
たびたび聞く話に、「妻に死なれた夫は、3年以内に逝く。」というのがあります。
そんなことは有るものか思っていましたが、老爺の義父は妻に逝かれて、2年11ケ月目で世を去りました。
ところで、この老爺は、今月、妻に逝かれて2年9ケ月経ちました。とすると、老爺の余命もあと3ケ月となります。

Re: 余命あと3月 - 丸男 2019/06/13(Thu) 22:27 No.258
老爺さん、そんなジンクスは関係ありません。
家庭菜園に勤しみ、毎日のようにパソコンを操作し、
炊事洗濯の家事もこなし、死んでる暇なんかありません。
人生100歳時代、まだまだこれからです。


世の中が変わった 投稿者:老爺 投稿日:2019/06/06(Thu) 11:51 No.256    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
最近感ずることは、世の中が変わってしまったように思うことが多い。
その一つに、これからはキャッシュレス時代となり、現金での買い物は姿を消してしまいそうだ。このため銀行も必要が少なくなってしまうという。財布に現金を入れて持ち歩くこともなくなりそうだ。
それから、AI時代となり、司法試験の問題集もAIでつくたものが、実試験の同じ出題の60%を占めたという。とすれば、苦労して勉強しなくとも、AIで作った試験問題だけを身に作ればパスできるということだ。
テレビ等でみる、俳句、川柳でも、AIで作ったもので秀逸なのがみられる。
更に驚いたことは、食料のうちタンパク質を、家畜を育てて充てるのではなく、豆類を加工して、肉と同じ味のものが現実に発売されているという。
数年前までは、想像もしない出来事が現実になっているのを見ていると、毎日が夢を見ているような錯覚に襲われるこの頃である。


「今日は何の日」 投稿者:老爺 投稿日:2019/05/27(Mon) 11:50 No.255    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
NHKラジオの番組の早朝に、「今日は何の日」というのがあります。
今朝の「今日は何の日」の放送で「5月27日」は、明治38年に行われた日露戦争で「日本海大海戦」で日本が大勝利した日が「五月27日」だと報じられました。
ここに、なぜ「5月27日」を取り上げたかというと、昨年の「5月27日」では、日本海大海戦のことが報じられなかったのが、どうして、報ぜられなかったかと疑問に思っていたからです。
戦中は、大勝利した、この「日本海大海戦」の歌については、戦意高揚の意味もあり、長く皆に歌われて誰でも知っておりました。それが放送の対象にならなかったのが不思議に思っておったからです。
今でも、空でその歌を歌うことができます。それくらい人口に膾炙しておりました。
その歌
 ”忘るな、国民(くにたみ) 5が27日 日本海の大海戦〜〜〜”

これは、古い話でございます。


高齢者の幸せは 投稿者:老爺 投稿日:2019/05/24(Fri) 10:06 No.254    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
日本人の平均寿命は、世界に冠たる長寿命国とのことですが、長生きは即幸せとはいえるかどうか疑問です。というのは、小生のように、90歳を迎えての独り身で生きていくには困難が山積しているからです。
例えば、高齢を機会に免許証を返納して足を失って、その替りにコミュニテイバスを利用していましたが、4月1日から、いつも便利に利用していた、バス停留所が廃止されてしまいました。これからの買い出しや、通院を考えると途方に暮れてしまいました。
市の広報誌4月号の市長の施政方針には「公共交通の充実」をうたっているのと矛盾しているのではないかと思う。
また、自治体から毎月発行される広報誌を見ると、耳慣れないカタカナが多く、さらに詳細はホームページを見るようにとある文面が多い。どうして高齢者にも読める言葉で書いてくれないのかとしばしば思います。
愚痴は老人の専売かもしれませんが。




騙された者の悲嘆は 投稿者:老爺 投稿日:2019/05/18(Sat) 15:47 No.252    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
振り込め詐欺等の被害防止について、毎日のように報道されているにもかかわらず。高齢の被害者が後を絶ちません。
そこで思うのですが、その詐欺にあった高齢者は、老い先に備えて貯めた貴重なお金を盗られた時の落胆と悲しみは例えようもなく、加えて、周辺の息子や孫からも、その愚かな行為を責められたうえ、大切な金を失った親に対する接遇は変わってしまうかもしれません。
しかし、この年老いた被害者の悲しみについては殆ど報じられておりません。
その悲しみの実態の記事を読めば、犯罪をしようとした者も、その行為を思いとどまるかもしれません。

Re: 騙された者の悲嘆は - 丸男 2019/05/19(Sun) 13:40 No.253
確かに今の報道を聞いていると、
引っ掛かった高齢者が愚かだった、俺は引っ掛からない、私は引っ掛からない・・・
のような感じになってますね。

引っ掛かった方が馬鹿だっただけじゃ、加害者の反省は促さないし、
被害者の気持ちを救うことにもならないですね。

日本の事件報道は被害者に冷酷で、加害者に甘いとも言われてますよね。
イギリスの幼児が幼児を殺害した事件では、加害者の幼児の顔写真が大きく報道され、
アメリカでは州によっては、服役を終えた犯罪者が転居して来た時、
周辺住民に、その人が犯罪者だったことを周知させるようです。

詐欺犯は罪も軽いようで、背景にも色々な問題がありそうです。


自分に向かって 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/15(Wed) 15:51 No.251    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
丸山氏発言「誰が考えても不適切」 菅官房長官が非難

★ この非難 自分に対する 非難には
      カエルに小便の 如くになってて     2019/5/15

★ 失言は 政治の世界に 蔓延す
      国の要も 言っては口拭う        2019/5/15

★ 言うことで 唇寂し だけでなく
      自身が承ける 矢槍ともなり       2019/5/15

弱者に責任負わせ 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/12(Sun) 20:05 No.250    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
悲劇二度と、誓い対策模索 大津事故、犠牲の子悼み黙とう

★ 政権の 経済拡大に 引き込まれ
     弱者たちは 悲劇の渦に      2019/5/12

★ 事故起きて 対策講じても 後の祭り
     車社会の 根絶なくば       2019/5/12

★ 悲劇続く 事故は起きても 車売り
     最高利益 上げてホクホク     2019/5/12

★ 利益の一部 政権党の 献金に
     選挙資金は 賓宅になり      2019/5/12

養育放棄 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/10(Fri) 20:51 No.249    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
幼保無償化法が成立 消費増税合わせ10月開始

★ この法は 親に子供の 養育を
      放棄進める 法律なりき       2019/5/10

★ 子育ては 親が手元で 育ててこそ
      親心知り 世の中見ていく      2019/5/10

★ 親たちは 欲ばかり持ち 快楽へ
      子供の胸には 寂しさ漂う      2019/5/10

★ 江戸時代 武士は武家だと 威張ってた
      今は政治家が 我が世とばかり    2019/5/10

★ 事故あると 責任取らせて いていても
      社会作った 政治家の罪は      2018/5/10

大人の都合 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/09(Thu) 20:52 No.248    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
幼児教育と保育の無償化 改正案あす成立へ

★ 子供らは 大人の都合で 犠牲になる
      快楽と欲望 金銭がために      2019/5/9

★ 大人らが 子供愛しむ 気持ちなら
      命懸けして 子育てすべきに     2019/5/9

★ 子に甘え 己が欲望 満たそうと
      政治家までも マスコミまでも    2019/5/9

★ 親も子も 共に己を 育てるもの
      人任せにして 生活させる世     2019/5/9

車社会 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/08(Wed) 20:56 No.247    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
園児の列に車突っ込み2人死亡、女2人逮捕

★ 改憲や 経済ばかりに 熱上げて
     事件事故起きる 社会にしていき      2019/5/8

★ トヨタ社は 利益更新 させていき
     更に引き起こす 悲惨な事故を       2019/5/8

★ 我が事しか 目をやらない 貧しさが
     令和となっても 寄り添うことなし     2019/5/8

★ 貧しくも 辛く苦しく 悲しくとも
     信仰心の元 強く生きゆき         2019/5/8

無能集団 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/07(Tue) 21:25 No.246    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
自民、参院選公約に憲法改正明記 重点項目で調整、議論推進を提起

★ 自民党 無能揃いの 政党に
     憲法89条の 則も分らず       2019/5/7

★ 国民は この国に住みし 民ならば
     憲法受け入れ 寄り添い合うに    2019/5/7

★ 選挙だけ 勝ってるだけで 勝手する
     腐った政党が 政権担う       2019/5/7

秋の夕日はつるべ落とし 投稿者:老爺 投稿日:2019/05/04(Sat) 10:15 No.239    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
秋の夕日はつるべ落としという例えがありますが、加齢とともに記憶力が、つるべ落としのごとく減退するのを切実に感ずることがあります。
例えば、今使っているカメラは10年ほど前に購入したのですが、毎日使っているせいか、カメラの裏面にある10個あるボタンの説明表示は消えてしまい、記憶からも消えてしまいました。
先日も、ISO800をISO100にしようとしたのですが、どれがISOのボタンなのか、表示が消えてしまっため大変苦労しました。ことほど左様に日頃から物忘れに関する事象が絶えません。
この忘れの度合いは、年を取るほどひどくなります。
まさに、記憶は、秋の夕日のつるべ落としの例えのように加速しています。
このたび、誕生日を迎え90歳となりました。物忘れが激しくなるのも無理ないのかもしれませんがネ。



Re: 秋の夕日はつるべ落とし - 丸男 2019/05/06(Mon) 20:50 No.244
老爺さん、誕生日おめでとうございます。
90歳になられて元気に自活されていること、素晴らしいです。
私は90歳まで健康でいられるか自身がありませんが、お手本にします。


心の道 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/06(Mon) 20:44 No.243    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
連休最終日、Uターン渋滞30キロの予想

★ 10連休 楽し面白く 遊んでて
      心の道を 見詰めていかず      2019/5/6

★ 豊かさの 謳歌はいつか 消えていく
      自然災害に 侵略されつ       2019/5/6

★ 格言に 金払ってでも 苦労せよと
      教育受けても 何にもならず     2019/5/6

★ 如何になりし 理化学発達 していこうと
      心の道なくば 子らの将来もなく   2019/5/6

子への愛情 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/05(Sun) 10:23 No.242    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
★ 新天皇 親元離れ 留学し 象徴の道
      自ら求め行きつつ       2019/5/5

★ 愛おしく  愛でてやまない 愛し子も
      親の欲目で 見るだけのもの  20109/5/5

★ 親が子を 真愛しく 思うなら
      かわいい子には 旅をさせよと 2019/5/5

★ 娑婆の世は 辛く苦しく 悲しきもの
      忍苦に耐えて 自ら力得    2019/5/5

★ 忍苦の子 慈愛に労り 身に付けて
      寄り添い合いし 世界の的と  2019/5/5


★ 慈愛受け 己が行く道 見詰めつつ
      自分育ても 身に付けていく  2019/5/5

子供の日 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/05(Sun) 06:09 No.241    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
★ 健やかに 育み育て 子供の日
     大人の人権 抑止させゆき     2019/5/5

★ 大人らの 個人権の 乱行使が
     子度たちの将来 危うくさせる   2019/5/5

★ 憲法に 基本的人権 示されても
     超えてはならぬ 則の垣根は    2019/5/5

★ 人権を 他に向けるより 自己に向け
     人の人権 尊重と尊敬       2019/5/5

★ 親だとて 我が子とは言えず 天の子に
     預かる立場で 下辺の身に     2019/5/5

統合 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/04(Sat) 20:34 No.240    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
一般参賀に14万人余 天皇陛下「国民の幸せと世界の平和を」

★ 新天皇 簡素な言葉に 込められる
     超えてはならぬ 則を意識し     2019/5/4

★ 憲法に 国民の統合と 記されており
     お一人だけでは 務まらぬものに   2019/5/4

★ 統合は みんなの共和で 成り立てる
     成り立つ人は 共和の内に      2019/5/4

★ 自分だけの 仲間意識の 統合は
     統合同士の 争いと化す       2019/5/4

基本的人権 投稿者:たあちゃん 投稿日:2019/05/03(Fri) 16:11 No.238    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
人権や自由にも、越えてはならないことがある。 それを自覚し認識できる国民になる必要がある。 このために必要なのは、教育でもなく、道徳でもない。 正しく真摯な「宗教心」しかない。 「令和」の心の「寄り添う」という祈りも、正しい宗教心から発しられていく。

英語を日本の国語にする。 投稿者:老爺 投稿日:2018/11/09(Fri) 16:40 No.176    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
最近、テレビを見ていて多く感ずることは、話に多くのカタカナ英語が使われていることです。超高齢者の私には、悲しいかな、これらの意味がほとんどわかりません。
それにつけても、思い出すのは、これは明治時代の実話ですが、時の文部大臣の森 有礼氏が「日本語を廃止して、英語を日本の国語に定めよう。」としたことは有名ですが、もしこの時、これが実現していれば、カタカナ言葉の意味がわからないという悩みはなかったと思う次第です。
ところで、来年は、平成から新元号に変わりますが、これを機会に日本の国語を英語にするりということは、無理な話でしょね。(笑)


Re: 英語を日本の国語にする。 - 丸男 2018/11/15(Thu) 10:02 No.179
日本も外国人労働者の受け入れを緩和するようで、
また、ニッポン大好き外国人が増えていて、外国人観光客も増加中で、
インターネットやコンピュータ関連もベースが英語で、
遠からず、日本人が普通に英語を喋る時代がやって来るのかなんて予想しています。


Re: 英語を日本の国語にする。 - たあちゃん 2019/05/03(Fri) 07:41 No.237
英語に侵略される日本、万歳と行きましょうか   !!!


[1] [2] [3] [4]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -