008508

シニア掲示板 井戸端会議・お喋り
テーマにこだわらずに何でもご自由にお書きください。


[Home未使用アルバムHelp文字検索過去記事] [管理用]
おなまえ
Eメール スパム投稿対策のため、メールアドレス入力は停止中です。
タイトル
コメント
参照URL スパム投稿対策のため、URL入力は停止中です。必要な場合には本文にお書きください。
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。
何時老人と認識した?詐欺被害世の中日進月歩空しい男は何処で何してる?確定申告の時期ですが。1月17日はぜいたくな悩みかも髭のはなし塩の話年金余話終活余話終活年金整形美人ピンコロリ奥さん迎えに来て入れ歯の話ハワイの結婚式人生100年時代到来孫が生まれての驚き5人に一人が低栄養峰岸山(里山コンサート)難関突破で、また苦難?oo生れた時からワイルドに!春の庭で。米寿のお祝いwo面白かった邦画早春の花

何時老人と認識した? 投稿者:コーチン 投稿日:2019/02/18(Mon) 15:36 No.199    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
誰でも歳をとることは例外がないが、いつ、自分を老人になったと自覚したかは違うでしょう。
私の場合は次の通り。
1回目 60歳代に電車の中で初めて席を譲られたとき。
2回目 初めて孫が誕生したとき。
3回目 息子が定年退職したとき。
4回目は、いつでしょう。?。
我が家では、朝起きて、退職老人親子が、炬燵で、二人並んでテレビを見ている姿を見ると、日本の高齢化社会の縮図を見る思いがします。



Re: 何時老人と認識した? - 丸男 2019/02/19(Tue) 20:48 No.200
私は、公営施設(プールや入浴施設)が無料か割引になった65歳の時に感じました。
嬉しかった反面、高齢者であることを実感させられて、ガッカリもしました。

子供が定年退職する時には、しみじみと歳を感じてしまいそうです。


詐欺被害 投稿者:コーチン 投稿日:2019/02/17(Sun) 10:46 No.197    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
いつものことながら、高齢者の詐欺被害者の記事が後を絶たない。被害者にならない為のピーアール
は盛んに行われているが、統計上は、その数は年々増加しているという。
老後の資金を失った被害者の落胆に対し、同じ高齢者として、お気の毒に絶えない。
この種の詐欺被害件数が、増加しているという原因には、犯罪対する刑罰が軽いということに一因があるかもしれないと思う。
犯罪が成功した時の収益に対し、不成功であっても詐欺罪の刑罰は軽いと思う。





Re: 詐欺被害 - 丸男 2019/02/18(Mon) 10:32 No.198
詐欺罪の刑罰が軽いことが詐欺犯罪が続く理由の一つと言うこと、私も聞いたことがあります。
それと、詐欺被害のニュースを聞いていつも驚くのが、その金額。
時には2000万、3000万と言う高額の時もあって、
高齢者がどうしてそんな巨額を自由にできたのだろうと、そちらが不思議です。
たまたまのお金持ちだったのか、お金持ちが狙われるのか、よく分かりませんが。


世の中日進月歩 投稿者:コーチン 投稿日:2019/02/15(Fri) 19:11 No.195    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
このたび、市内にスーパーが新規に開店しました。
さっそく出かけて、買い物をしたのですが、レジの扱いに驚きました。通常は、レジの店員さんが品物をバーコードで読み取り、その代金を支払うのですが、このスーパーでは違いました。
ここでは、購入した客が、品物を、いちいちバーコードで読み取り、客は、その金額を機械へ挿入するのです。レシートが出て、金額が多いとつり銭が出てきます。
つまり、従来店員さんがやっていた仕事を、すべて客が行うのです。
この方法が、すべてのスーパーに普及すれば、スーパーにはレジ係り店員が、不要になるというものです。世の中進んものです。2月15日
(このような例は、他に実施しているところがあると思いますが。)


Re: 世の中日進月歩 - 丸男 2019/02/15(Fri) 20:33 No.196
我が家の近所にスーパーやホームセンターにも「セルフレジ」と言う同様なレジがあります。
数年前からありました。
レジが混んでいるとセルフレジも使いますが、数人待つ程度ならばレジに並びます。

これとは別に、レジは人間が行い、支払いを自動支払機で行うスーパーも増えました。
この自動支払機は小銭がタップリ溜まった時には一遍に使い切れるので便利してます。


空しい 投稿者:ようこ 投稿日:2019/02/13(Wed) 18:41 No.194    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
人生あっと言う間とは本当でしたね。子供がいても旦那がいても空しいです。同じ悩み持つ方いますか?

男は何処で何してる? 投稿者:コーチン 投稿日:2019/02/10(Sun) 22:05 No.192    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
このほど、町の会館で趣味の発表会が行われたので見に出かけた。
趣味で見せた中身は、フラダンス、踊り、リズム体操、フラメンコ等でした。出演者は総数で24団体の350名ほどだという。
この出演者は、ほとんど女性で、350名中、男性は10名程度でした。ということから、男性は何処で何して過ごしているのかと思った次第です。もちろんフラダンス等は女性の趣味であるから男性に求めることはできないが、男性にも老後に嗜む趣味があるべきと思った次第です。
男性の趣味に多いといえば、パチンコがあげられると思いますが、数としては少数であるし、また、町の図書館に行くと、新聞雑誌を見ている人には男性の高齢者の姿を多く見受けられるが、せいぜい10名程度である。
楽ししかるべき老後生活を、男性の皆さんは何をして過ごしているのかしら。
そうそう、こんなことを書いた私が男性であることをうっかり忘れるところでした。

Re: 男は何処で何してる? - 丸男 2019/02/11(Mon) 10:14 No.193
私も全く同じ疑問を持っています。
週一回、せいぜい2回利用する公営プールに出かけますが(65歳以上は無料です)
サウナの中でシニア世代の常連さんたちとお喋りすると、
「俺はこの施設があってホント助かってるよ。
 家に居てもやることないし、他に行く所もないし」と言ってました。
ちなみに常連さんたちでパソコンをする人は皆無。
家ではテレビでスポーツ番組を見る程度とのことです。
暇を持て余している友人に、あれこれと趣味のことを薦めても、「面白くないからしない」と返事が返ってきます。

先日、私の市でもボランティアフェスティバルなるイベントがあって、
市内の約50の市民活動団体が展示やバザー、体験教室、発表、歌や踊りの披露等を行いましたが、
大半が女性でした。観客も女性中心でした。

シニア世代の男性陣は、ホント、どこで何をしているのでしょうか。
釣り?ゴルフ?スポーツ?登山?盆栽?家庭菜園?テレビの番人?パチンコ?ギャンブル?飲み屋?

昨年、市から認知症予防のアンケートが届きましたが、
要点は、いかに外に出るか、人と交流するか、その方法や回数などを問うものでした。
ボケ防止や健康管理的のために、何だかんだと外に出て活動するのが勧められていますが、
男性シニア世代の腰は重いようです。
自分を他人に合わせて行動し、人の話を聞いたりするのが苦手なため、社交の場が減るのでしょうね。


確定申告の時期ですが。 投稿者:コーチン 投稿日:2019/02/01(Fri) 15:44 No.190    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
今年も確定申告の時期がやってきました。
例年ですと、大きな封筒に説明書とともに申告書用紙が送られてきていましたが、今年はハガキだけでした。読んでみると、スマホを見て作り、プリンターがなければコンビニのプリンタで作れとありました。高齢者の中には、スマホを持っている人は少なく(私も含めて)、もちろんプリンターも持っていません。
皆様はどうするのでしょうか。


Re: 確定申告の時期ですが。 - 丸男 2019/02/02(Sat) 18:16 No.191
コーチンさん、役所の対応も年々IT化が進んでいますよね。
確定申告も、ウェブで必要書類を印刷できるようですが、プリンターがなければできないし、
ICカードを購入すれば全てウェブで処理できるのでプリンターも不要になりますが、
スマホやモバイル、PCがなければ無理なので、税務署に書類を貰いに行きなさいということなんでしょうかね。

ところで、野暮な質問になってしまいますが、年金受給者の確定申告ですが、
■公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下
■公的年金等以外の所得金額(給与や個人年金など)が20万円以下
■源泉徴収税額がない
・・・この場合には確定申告は不要となりますが、
コーチンさんはこの範囲外とすると、羨ましいばかりです。


1月17日は 投稿者:コーチン 投稿日:2019/01/17(Thu) 20:02 No.189    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
1月17日は、阪神淡路大震災の日ですが、昭和初期に生まれた人には、他に、この日を忘れられない日と思っている人がいます。
それは、当時「金色夜叉」という世間を風靡した超有名な小説のなかに、熱海の海岸の名場面に次のくだりがりました。
「宮さん、1月17日、今月今夜のこの月を、来年の今月今夜のこの月を、 再来年の今月今夜のこの月を、10年後の今月今夜のこの月を、ぼくの涙で曇らせて見せる。」というのがあり、当時としては、このセリフを知らない人がありませんでした。1月17日にはこんな由来がありました。


ぜいたくな悩みかも 投稿者:コーチン 投稿日:2018/11/30(Fri) 10:21 No.187    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
高齢化社会を迎えておりますが、いま、高齢者は必ずしも楽しい生活を送っている人ばかりとは限らず、種々の悩みを抱えての生活る人もいると思います。
そんな中で私は一つ悩みを抱えています。
それは、私は楽しみの一つとして、季節の代わりごとに衣装を購入することでした。
秋になれば、どんなシャツをとか、冬になれまそれに合わせた上着を買おうと考えるのを楽しみにしているのですが、いつも先を越されて、箪笥には季節の新しい衣類が備えれています。
犯人は、息子の嫁なのです、パートで働いた少ない給料で買ってくれているのでが、折角の好意なので断るのもどうかと思い黙っています。
これはぜいたくな悩みでしょうか。


Re: ぜいたくな悩みかも - 丸男 2018/11/30(Fri) 21:32 No.188
その悩み、同情します。
衣類は、サイズが合っていても、色や配色、デザイン、形など、好みは微妙ですから、
プレゼントされるのは苦手です。

結婚して40年経ちますが、結婚してすぐにカミさんに
「僕の衣類は買わなくていいから」と伝えて
以来、自分の衣類は下着や靴下も含めてすべて自分で買っています。

昔、子供たちにプレゼントされた衣類と靴がタンスで眠っていて、もったいないです。

嫁さんと同行し、コーチンさんが自分で決めて、勘定だけ支払ってもらう方法はいかがですか。
お礼に、帰りに食事をご馳走するとか。


髭のはなし 投稿者:コーチン 投稿日:2018/11/15(Thu) 10:37 No.185    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
昔は、ひげを生やしていると、無精ひげといって、だらしのない人の代名詞として使われていたものでした。
最近、テレビを見ていると出演者に、ひげを生やした人が多く目につきます。特に若い人に見受けられて驚きます。
髭は、他人からバカにされたくないと思っている人が、蓄えるのだと考えで見ていたのですが、どうもそうではないようです。
そんなことを考えているうちに、59歳になる息子があごひげを伸ばし始めました。これを見て、ひげを剃れと、口まで出かかったのですが、時代が違うのだと思い思いとどまりました。


Re: 髭のはなし - 丸男 2018/11/16(Fri) 08:24 No.186
今は髭はファッションですかね。
似合う似合わないはさて置いて、生やしている人が増えましたね。
中近東では男は髭を生やすのが必須のようで。
昔だったら、口の周りの短い髭は完璧に「無精ひげ」でしたが、今はお洒落や個性のようです。

私も脚を骨折入院した時に、試しに伸ばしてみました。
カミさんからは、「年寄りっぽく見えるから剃って」と言われましたが、自分では気に入ってました。
まだ現役時代だったので退院後には剃り落としましたが、髭を伸ばすことに憧れもありました。


塩の話 投稿者:コーチン 投稿日:2018/11/07(Wed) 10:41 No.183    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
NHKテレビの「まんぷく」に塩のことがあります。
これに関連して思い出したのですが、それは戦後の昭和22年ころのことです。
農家出身の私達の家へは「塩」を持参して、米との交換を求める女性の訪問者が多くありました。
その時のセリフは、大島から出かけてきたと言うことで、言葉が聞きなれない方言でした。
当時、大島で塩を生産していたか知りませんが、この方言での言葉を聞いて、大島から来たと信じて米との交換がいたようです。
ただし、当時の噂では、大島出身を信じるように、事前に、米との交換に行く人に、大島と関係ない人に方言を教えていたとのことでした。
これは遠い頃の話です。



Re: 塩の話 - 丸男 2018/11/08(Thu) 10:02 No.184
朝ドラ「まんぷく」がだんだん面白くなってきました。

塩を大島と関連付けることが、塩の価値を高めたと言う判断が面白いです。
岩塩も聞きますが、塩はやっぱり「海の産物」。
そんな世間の価値観がそうさせたのでしょうかね。


年金余話 投稿者:コーチン 投稿日:2018/10/25(Thu) 10:10 No.178    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
人生100年時代到来といわれるこの頃ですが、私の叔父は夫婦そろって90歳を超えていますので、夫婦とも年金を受給していることは当然ですが、実は息子夫婦も70歳近い年齢で年金受給者です。
つまり、一家で4人とも年金をもらっています。
その合計金額を聞いたところ、ナント○○万円という高額ではありませんか。
100年時代には、こんな話は珍しいことではなくなるのでしょう。
ちなみに、私の息子も今年12月末で定年退職することになっています。
当然年金受給者となるでしょう。




Re: 年金余話 - 丸男 2018/10/28(Sun) 21:52 No.179
私の知人に80歳越えの人がいて、
「君らの世代に、私がもらっている年金額を言えないんだよね、申し訳なくて」
と言われたことがあります。
どうも、30万前後の金額をもらっているようです。
私は60歳後半で厚生年金をもらっていますが、
年金だけでは贅沢な生活はできません。

でも、私らより若い人は更に減額されるようなので、
年金システムそのものが引退後の補償にはならない時期が到来すると思っています。


Re: 年金余話 - コーチン 2018/10/29(Mon) 08:42 No.180
私が受給している年金を挙げると、公務員共済年金、厚生年金、厚生年金基金年金の3種類です。
その合計額はやはり教えることができませんが。
でも、高齢者は寿命が尽きれば、当然年金とも決別することになります。
それにしても、丸男さんが、私より20年以上もお若いことを知り驚きました。


Re: 年金余話 - 丸男 2018/10/30(Tue) 20:28 No.181
コーチンさん、3種類の年金とは羨ましい限りです。

私より若くて、これから厚生年金をもらい始める知人が、
「自分の年金額だと実質的に生活保護の方が楽なんだよね」と言ってました。
生活保護は正味13万円(?)ほど受給され、
公共の賃貸住居費や公共交通費、医療費などが無料になるので、
厚生年金を受給されても、自家用車を所有して、ましてやほかローンが残っていたりすると、
完全に逆転してしまうようです。

退職金や預貯金を取り崩しながら、寿命まで上手にソフトランディングできればいいのですが、
退職金や預貯金を使い果たすと厳しいです。


Re: 年金余話 - 丸男 2018/10/30(Tue) 20:43 No.182
コーチンさんより20年歳以上若いとは言っても、来年には古希です。

人間、50歳を過ぎる頃から、実年齢は余り重要でなく、
心の持ち方、生き方で年齢が決まるのかなぁ・・・と思っています。

周囲の友人知人を見ても、
野菜作りやガーデニング、グランドゴルフや卓球、水泳、サイクリング等のスポーツ
カラオケや趣味(楽器演奏や絵手紙や俳句、短歌)など、
また郷土史研究やパソコン、地域のボランティア活動など、
あれこれ動き回っている人は、実年齢より随分と若く見えます。

コーチンさんもパソコンや野菜作り、炊事を始めとする家事全般、
毎日忙しく過ごしていらっしゃるように想像でき、
きっと心は実年齢より一回り、二回りお若いように想像していますが。


終活余話 投稿者:コーチン 投稿日:2018/10/18(Thu) 11:44 No.176    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
寺の理事をしている知人から、寺で墓地を売り出しているので買わないかとの誘いがあり、いずれ必要になるのだからと、20万円で購入しました。
その後、考えてみれば、いずれは、墓地へは、墓石も必要になるのだからと、妻の負担を少なくしておこうと、石屋さんに連絡して商談を進めました。具体的な話が決着となる日に、石屋さんとの会話している席に帰宅した妻が「何の話をしているの?。」と聞いたので「いずれ必要になるから、墓石を注文したのだよ。」と答えたところ、妻は「縁起でもない、お父さんが死んだときは、私がちゃんと墓のことはするよ。」ひどい口調で話しました。そんな経過で、墓石つくりの話は破談となりました。
このことがあってから、10年経過した昨年、妻は、私より先に83歳で逝ってしまいました。私が妻の為の墓石も作りましたが、先に逝った妻は、墓の中で何と言っているかと思う。


Re: 終活余話 - 丸男 2018/10/21(Sun) 18:03 No.177
病気や不慮の事故など、夫婦はどちらが先に逝くか分からないですね。

避けたいのは、認知症になってしまった妻あるいは夫を残して逝く場合、
または介護しなければ生きていけない妻あるいは夫を残して逝く場合、
自分が逝ってしまったあと、残された妻あるいは夫を誰が世話をするのか、
死に切れない思いが残るように思います。

コーチンさんの奥様は、きっと、
「先に逝ってしまってごめんね。私の分も長生きしなきゃ駄目よ」
と言ってるように思います。


終活 投稿者:丸男 投稿日:2018/10/11(Thu) 10:19 No.174    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
私が運営している別のサイトに今朝書いた記事です。シニア話題なのでこちらにも転載しておきます。
=======================================================================================
 「終活」なる言葉があります。生前中に自身の葬儀や墓、財産相続のこと、住居や持ち物などを整理する行動です。根底には「遺族や社会に対して迷惑をかけないように」という考えがあるのでしょう。まだ元気で生きている間に、「死んだ後に悪口言われないよう、きれいに整理してから死のう」と言う考え方も、せっかくの人生がもったいなく思うし、と言って、「死んだ後のことなんか知るものか」と自分勝手に生きるのも無責任な気がするし、意識レベルの調整が難しいところです。
 時期や内容には個人差がありますが、大方共通なのが「大きな庭木問題」。還暦を過ぎる頃から皆さんが気にし始めます。友人らの中には、それを気にして脚立が届かない木を全て伐採した人がいます。庭の大きな富有柿を今年の収穫後に伐採する友人もいます。現役時代、自分や家族と共に生き、四季折々の変化で癒しや潤いを与え、光合成によって空気を浄化してくれた庭の樹木。ネキリムシ等の虫害に遭わなければ、放置しておいてもスクスク育ちますが、家主がいなくなった後のことを考えると、気になる存在です。
 昭和前期の大きな農家のように、誰かが永遠に住み続け、同じ庭木を守り続ける家ならば心配ありませんが、住宅一戸分の区画の中で育てた樹木は、残念ながらそう言う訳には行きません。廃墟化した空き家で、樹木が家を覆うように育っている風景などを見ると、社会問題でさえあります。
 そんな気持ちが作用して、一昨日、庭のモクセイを元の大きさの1/4程度に剪定し、周囲は明るくなり、気持ちもサッパリしました。肩と腕の痛みを抱えての作業なので、高い位置の枝は全て兄が剪定してくれました。ありがとうさんでした。本当に助かりました。
 残るはハゼとモクレンです。ハゼは今年の紅葉を見た後に、モクレンは落葉してからと計画しています。

スポーツと人付き合い - 丸男 2018/10/12(Fri) 08:17 No.175
同じく、今朝の記事です。
=========================================================================
 今週の月曜日と水曜日に、久々に”あずまウォーターランド”で泳いで来ました。何人かの常連さんに、「久しぶり、どうしてたん?」と声を掛けられました。発熱と検査、受診が続き、3週間余りご無沙汰していたためですが、サウナ室やプールサイドでお喋りするだけの間柄でも、お互いの存在を気にかけていること、これもコミュニケーションの一側面なのだと思いました。不在中にも「〇〇さん、最近顔を見せないねぇ」と話題になっていたようで、ちょっとホッコリしました。
 平日の昼間なので利用者の大半は65歳を超えたシニア層。水泳パンツを穿いただけの裸の付き合いなので、格好つけようがありません。痩せは痩せ、ブーはブー、そのまんまです。肌をくっ付くばかりに満員になり、健康やスポーツのこと、野菜作りや世間話などを誰彼となく会話しています。私は「お名前は?おいくつですか?どちらからですか?」と、初対面から直球で尋ねてしまいますが、嫌な顔をされたことはなく、「え〜若いねぇ、じゃあ〇〇さんと同じだ、あ〜だこ〜だ」と話が弾みます。プール友の親しい友人が、「名前を知ってた方が親しみが沸くんだねぇ。今まで名前を知らずに喋っていたから挨拶以上には発展しなかったんだよね、俺も真似すんべ」
 名前を聞かれて警戒する人もいるでしょうから、誰彼構わず通用する訳ではありませんが、座席定員13人程度のサウナ室に入って来る人は、そもそもオープンな人が多いようです。シニア世代になると認知症や健康管理が共通の不安材料。スポーツと人付き合いとが不安解消に役立っているようです。


年金 投稿者:トートン 投稿日:2018/10/02(Tue) 19:03 No.171    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
僕は、今28歳ですが、将来の年金が非常に心配です。
老後の蓄えも動ける今のうちにやらないといけないと思うと、大変ですね。


Re: 年金 - 丸男 2018/10/02(Tue) 21:31 No.173
28歳では、年金支給開始はまだまだ先のことですが、
支給額は支払った年金額がベースになること、
国民年金だけでは生活保護以下の生活であること、厚生年金でさえ十分ではないこと、
そのため、働ける間は働く高齢者が増えつつあること、
今は65歳までは普通ですが、70歳も一般化しつつあり、そのうち75歳くらいまで働く時代になるかも知れません。

夫婦共稼ぎで、定年までしっかり厚生年金を払い続けて、
退職金がシッカリ保証される役所や企業に勤めること・・・などが安心の老後ですかね。
(でも、そればかりが人生じゃないですけどね)

トートンさんのように若い世代でも不安な年金制度ですが、
高齢者にとっても、決して安心できていません。


整形美人 投稿者:コーチン 投稿日:2018/10/01(Mon) 14:58 No.170    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
4日前の読売新聞の記事に、美人といわれる「小顔」にするため、顔の骨を削る手術を受けるとの記事がありびっくりしました。親にもらった顔の骨を削り小さくすれば、親に似ない顔になるため、親子ならんでの記念撮影しても、他人同士みたいになったしまうわけですから。
しかし、整形手術を問題視するのは、考えが古いといわれそうですね。



Re: 整形美人 - 丸男 2018/10/02(Tue) 21:19 No.172
親と似てない顔になるだけじゃなく、子供も似てない顔になっちゃいますよね。
でも、今は昔ほど抵抗はないようですよね。
人間、中身が重要と思いますが、容貌に自身がなくて、
整形手術で自身をもって生きていけるのなら、それも人生なのかな・・・などと思います。

お笑い芸人なんかは、不細工が最大の武器なので、普通の顔や美形の芸人は羨ましがるようですが。

お隣韓国などは、女性だけじゃなく男性も整形手術するのが珍しくないとか。


ピンコロリ 投稿者:コーチン 投稿日:2018/08/27(Mon) 09:35 No.168    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
先日,NHkテレビを見ていたら、長野県佐久市の商店街の中にある「ピンコロ地蔵」に多くの参詣者で賑わっていると報ぜられていました。これはそのホームページです、http://pinkoro.com/
時節柄、高齢化時代を迎えて、万人が望んでいるのかと思いを深くしました。
ところで、話は変わりますが、わたくしの妻は、2年前に「サービス付き老人ホーム」へ入所しました。入所の日は、雑談の後、夕食を済ませ翌日の再会を約束して手を振って帰りました。
しかし、翌日の早朝にホームから電話があり「奥様の呼吸と脈拍も止まっています。」とのことです。
文字通り世にいう「ピンコロリ」の死でした。医師の死亡診断書は「老衰」とのこと。
突然訪れた59年ともに過ごした妻との、この世の別れにしばらくは茫然自粛の状態でした。
ピンコロリを望む高齢者が多いと聞きますが、これでは、あまりにもさびしい別れです。








Re: ピンコロリ - 丸男 2018/08/28(Tue) 15:20 No.169
コーチンさん、
59年連れ沿った奥様が、高齢者施設に入所された翌日に亡くなられたこと、
あまりに突然のことで、さぞかし驚き寂しかったことと察します。
奥様はコーチンさんと別れて暮らすのが嫌だったようにも思います。

ピンピンコロリは本人はよくても、周囲が寂しいですね。
コーチンさんの話を聞いて、そう思いました。
でも、奥様からまだお呼びがかからないのですから、
自分の分も含めて長生きして欲しいと伝えているんじゃないでしょうかね。


奥さん迎えに来て 投稿者:コーチン 投稿日:2018/08/26(Sun) 08:21 No.166    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
これは数年前の話です。
近所に住む、奥さんに死なれて、独り暮らし90歳の高齢の男性がおりました。
町内のため、回覧板を届けに行くと、「「婆さん(奥さんの事)に早く迎えに来て。」といっているのですが来てくれない。」と
それを聞いて、心にもないことを言うと思ったのですが、今私も先年妻に死なれて独り暮らしとなり
、さびしい生活に、先述の男性と同じ考えを持つようになりました。
つまり「「婆さん(奥さんの事)に早く迎えに来て。」と。
   世の奥様方に告げます。旦那より早く死なないで!。



Re: 奥さん迎えに来て - 丸男 2018/08/26(Sun) 14:51 No.167
コーチンさん、気弱なことを仰ってますね。
高齢夫婦に対して、世間では
妻が先に亡くなると、残された夫の寿命は世間より短く、
夫が先に亡くなると、残された妻の寿命は世間より長く
と言います。

妻に先立たれた夫の寿命が世間より短くなる理由として、食事のことが大きな原因のようです。
炊事や身の回りのことを全て妻に任せていた夫は、偏った食事や不健康な日常を送り、
その内にやる気も失せて・・・、そんなサイクルに陥ってしまうとか。

コーチンさんは、自炊も身の回りのことも自分でできるので、気弱にならずに長生きしてください。
ご近所のコミュニティに出かけて、お喋りオバサン達と談笑してくるのもいいんじゃないですか。
女性のお喋りに圧倒されてしまう危険もありますが。


入れ歯の話 投稿者:コーチン 投稿日:2018/07/13(Fri) 09:56 No.164    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
誰でも年を重ねるごとに、体の衰えがやってきます。
特に歯の衰えが目立ち、該当する方も多いと思います。
ところで、私事ですが、若い時から歯の悩みが尽きず、一年中歯医者通いから縁が切れずでしたが、ついに48歳の時には、歯の全部を失い総入れ歯となりました。
以来、総入れ歯になってから、40年経ちますが、その間歯医者さんの縁は消えて現在に至ります。
ところで、総入れ歯になってから、咀嚼の方の具合はどうかと気になさる向きが多いかと思いますが、私にとっては、ほとんど不具合は生じませんが、強いて挙げれば、リンゴの丸かじりのようなことはできませが、せんべいなど硬いものを食べることには不自由しません。
それよりも、一年中歯医者通いに費やした時間からの脱却したプラスの大きさは莫大です。
というわけでございます。

Re: 入れ歯の話 - 丸男 2018/07/16(Mon) 09:21 No.165
入れ歯は装着が痛いと言う人もいますが、コーチンさんは、具合よく合ったんですね。
咀嚼も支障なく、40年間歯医者知らず・・・本当に素晴らしいです。

私はまだ自分の歯なのですが、入れ歯ならば、虫歯の心配もなく、手入れもし易いだろうし、
それに何より、理想的な歯並び、形を作れそうで、それが羨ましいです。


ハワイの結婚式 投稿者:コーチン 投稿日:2018/07/09(Mon) 16:42 No.162    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
先日、姪から電話があり、長男の結婚式があるので、一週間ほど家が留守になるという。
それだけなら別に驚くことがないのですが、場所がハワイだという。
わたくしは、終戦後まもなく結婚したのですが、時代が違うといえば、それまででですが、その時は、家の8畳間で、仲人さんの司会のもと、両家の親族が対面し、粗末な料理のもとで行ないました。
つれずれに、ハワイの結婚式の費用についてパソコンで調べてみたが、ピンからキリまであるようですが、国内での地味な結婚式と比べると、天地雲泥の差があるようです。
ハワイ結婚式には、招待する姪の両親や兄弟の交通費や滞在費の負担などはどうするのだろうかと気になります。
このことを、息子の嫁に話したところ、「いま、ハワイでの結婚式は流行っていますよ。」と
全然気に留めるような様子がない。
やはり、時代が違うのでしょうかね。



Re: ハワイの結婚式 - 丸男 2018/07/11(Wed) 12:38 No.163
私の友人(まだ現役)が、10日間の休みを取ると言ったので、理由を聞くと、
子供がタヒチで結婚式を挙げ、両家の親族一同ほかタヒチに行くことになったとのこと。
新婚さん二人は結婚式&新婚旅行で楽しいことばかりでしょうが、
付き合わされる方は大変だなぁと思いました。
休暇もさることながら、費用も馬鹿にならないですよね。
費用は各自が負担するのかな?、


人生100年時代到来 投稿者:コーチン 投稿日:2018/07/06(Fri) 20:55 No.160    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
現代は、寿命が延びて、人生100年時代が到来するという。
ところで、長く生きるというこは幸せな生活が保障されるということだろうか。
医師の日野原重明先生のように、名実ともに社会貢献できる人は良いが、単に寿命が延びたということだけで、老人の生活が幸せが保障されるということにはならないと思う。
私事ですが、年齢が80歳前半までは、体力にも自信があり、思う存分趣味に手を広げて、文字通り桃源郷に生きるような生活を送りました。
しかし、80歳後半となると、体力に衰えが目立ち物忘れをはじめ、種々の機能の衰えが目立つようになりました。
こんな状況では、これから100歳を迎えるまでの期間に楽しい生活があるとは思えない。
といって、短命を歓迎する気にもなれない。
いまや、悩み多い毎日ではある。




Re: 人生100年時代到来 - 丸男 2018/07/07(Sat) 20:33 No.161
コーチンさんは、80歳前半まで体力に自信があっって健康生活を送っていたわけですから、素晴らしいです。

私は60歳後半、遠からず70歳台ですが、既にあちこちがポンコツです。
特にこの半年、上半身がガタガタです。
50肩、頚肩腕症候群、手根管症候群、腱鞘炎の4苦で、
何をするにも、「お〜イテテテッ!」と悲鳴を上げています。
両腕がまだまともに上まで上がらず、握力仕事はタオルを絞るのも、
ペットボトルの蓋を開けるのもまともにできません。

毎日、痛み止めを飲んで、リハビリ運動をしていますが、一向に治りません。


孫が生まれての驚き 投稿者:コーチン 投稿日:2018/06/28(Thu) 09:35 No.158    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
息子や娘が結婚すれば、孫が生まれるのは当然のことですが、年甲斐もなくびっくりしたことがありました。
それは、我が家へやってきた息子の嫁が、われらの前で孫に授乳した時のことです。
嫁は、いきなり、もろ肌を広げ、その胸の白い肌から、はち切れそうな豊満な乳房を出して授乳を始めました。
それを目にして、年甲斐もなく、目のやり場に困りましたが、嫁は平然として授乳を続けました。
義父のような老人は、女性の乳房には興味がないと思っていて、それを隠す気持ちが無かったのでしょうしょう。
みなさん、こんな老人をお笑い召され。


Re: 孫が生まれての驚き - 丸男 2018/06/30(Sat) 11:04 No.159
コーチンさん、貴重(?)な体験をしましたね(^_^;)。

嫁さんのその行動を分析してみました。

● 全く無頓着な性格、あるいは天真爛漫な性格で、コーチンさんの存在を気にしていない。
● 「お義父さん、授乳するので部屋から出て行って」と言えなかった。
● 一人で授乳できる場所(部屋)がなかった。
● コーチンさんは夫の父親で身内なので、義理とは言え気にする存在ではない。
● 義父のコーチンさんに孫の授乳風景を見せたかった。
● サービス精神でコーチンさんに見せた。
● コーチンさんの反応(照れたり恥ずかしがったり)を見たかった。

どれか、思い当たりますでしょうか。


5人に一人が低栄養 投稿者:コーチン 投稿日:2018/06/22(Fri) 13:52 No.156    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
最近の報道によると、高齢者の5人に一人が低栄養だという。
低栄養のままの状態が続くと低栄養→要介護→寝たきりとなるという。
現在のように、食材があふれているというのに低栄養というのはどういうことだろう。
考えてみれば、私自身、配偶者に先立たれ、毎日が三度の食事つくりに追われている身では、その辺の原因はよくわかるような気がする。
高齢になるまでは、食事は妻任せにしてきたため、急にその食事つくりをする身となって大変さがよくわかる。
そんなことから、食事つくりに手を抜いて、最低の食事で済ませるようになってしまう。
これからは、低栄養にならないように努めようと思う。




Re: 5人に一人が低栄養 - 丸男 2018/06/24(Sun) 08:15 No.157
私も、高齢者が低栄養に陥っていることをテーマにしたテレビ番組を見ました。
高齢の婦人が、三度三度きちんと食事しているのに、低栄養と指摘されていました。

食事をきちんとしていても、ソーメンや蕎麦・うどん、ご飯やパンなど
炭水化物中心だけでは低栄養になるとのことで、
ミネラルやビタミン、カルシウム、タンパク質を十分に摂取しないとダメみたいで。
特に野菜と肉・魚は必須みたいですね。

ぶ厚い豚肉や牛肉、牛乳、チーズを主菜にして、炭水化物はほどほどに。

でも、年金生活のシニア生活、食費を考えると、毎日高栄養の食事ばかりもできないのが悩みです。


峰岸山(里山コンサート) 投稿者:あおば 投稿日:2018/05/19(Sat) 16:35 No.153    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
森の中は風がそよそよと吹きわたってとっても気持ちが良かったです。
子供たちの歌声がそしてオカリナ、アルパの響きが素敵でしたね。

あと、私が気に入ったのは、ネジキです。地方によっていろいろな言い方が
あるようですね。米俵の藁「せんべし」とか、桟俵「さんだわら」とか

帰りは、ほたるの里公園のヤマボウシが見事でした。
この時期はズミ、エゴノキなど白い花が多いですね。。

丸男さんは、オープンガーデンの見学とか忙しいですね。
今日はお会い出来るのではと思ってました。
少しはお話をと探しましたが、残念でした。。

Re: 峰岸山(里山コンサート) - 丸男 2018/05/20(Sun) 06:34 No.154
あおばさん、昨日はお疲れさまでした。
雨も上がり、新緑も爽やかで、そんな中で聴くコンサートは最高でしたね。
帰り道の風景も楽しまれたようですね。

昨日、会場で「あかぼり欅広場」北側のルピナス畑の情報をもらったので、
あおばさんに「帰る道すがら見てください」と伝えようと思いつつ、
あれこれと動き回っている内に伝えきれずに終わってしまいました。

後日、写真や動画を掲載します。


難関突破で、また苦難? 投稿者:mignon 投稿日:2018/04/27(Fri) 20:45 No.149    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
丸男さん こんばんは!

いえいえ 禁止ワードに架かったのは 私の調子が悪かったせいかもしれません。ご心配かけてすみません。

谷底からの音ですか?不気味ですねえ。そこは逃げ場がないという事ですから 進まねばなりませんね?

「北穂高岳」までは かなりハードな道のりのようですが 明るいうちにたどり着けたのでしょうか?

私も「白馬岳」の雪渓を上り詰めたころにうす暗くなり 心細かったです。幸い 山小屋の灯が見えましたので ほっとした記憶があります。

薄明かりに中で お花畑をみました。秘境にたどり着いた感じがしました。


Re: 難関突破で、また苦難? - 丸男 2018/04/28(Sat) 22:34 No.150
mignonさん、こんばんは。
禁止ワードの対策は、遠からずご案内します。

北穂にはギリギリ暗くなるまえに到着できました。
感激したのは、北穂小屋の夕食にステーキが出たことです。
今から40年以上前の山小屋でステーキが出るとは全く予想外でした。

それと、台風接近中の天候不順な時だったので、小屋はガラガラで、一人一つの布団で寝れました。

八ヶ岳の赤岳山頂小屋に泊まった時には、大袈裟でなくイワシの缶詰状態に詰め込まれて、
自分の顔の前に隣の人の足があって(しかも登山靴で蒸れた靴下を穿いたままの)、
上を向いて寝るスペースがないので、一晩中横向きで寝て、
男も女もなく、みんなが横向きに引っ付いて寝て、
私は、夜中にオシッコに行きたくなったので、出る時も戻る時も大変でした。

===============================
それと、mignonさんにお願いがあります。
記事を投稿する時、元記事がある場合には、新規に記事を起こさずに、
「返信」で投稿していただけば、関連記事が一つにまとまりますので、
皆さんが読み易くなると思います。

例えば、今回のmignonさんの記事(No.149)も
元記事(No.147)の返信で投稿していただくと、ひとつにつながると思います。
===============================


Re: 難関突破で、また苦難? - mignon 2018/05/04(Fri) 07:59 No.151
丸男さん こんにちは!

ご指摘 了解しました。実は 迷いながらこのようにしていましたので 良くわかりました。ありがとうございます。

難関を乗り越えられて ステーキを召し上がる至福の時。想像するだけでも笑顔になれます。山小屋の混雑は 想像以上ですね?私も 汚れた煎餅蒲団一枚の記憶があります。眠れませんね?

阿蘇山系の九重山に登るときは ユースを利用しましたので 快適でした。でも 山は低かったですし「みやまきりしま」を見に行ったのに 咲いてなかったです。

「赤岳」は お正月に母と山頂まで ロープウエイでたどり着いただけです。人気スポットですね?

今は どこの山小屋もきれいになっているのでしょうね?


Re: 難関突破で、また苦難? - 丸男 2018/05/08(Tue) 08:47 No.152
mignonさん、最近はアルプスの山小屋も食事が豪華らしいですね。
北アルプスの燕山荘などはレストラン並みと聞いたこともあります。
私が泊ったのは40年前だったので、普通の山小屋の食事でしたが。

八ヶ岳にロープウエイで登ったとなると、「北八ヶ岳ロープウエイ」だったでしょうかね。
昔は「日本ピラタス横岳ロープウェイ」と称して、横岳に登るには便利だったと思います。
山頂駅を降りると坪庭のような高原台地が広がっていて、家族で散策したことがあります。

「赤岳」は八ヶ岳南端の八ヶ岳最高峰の山で、北アルプス級の登山コースや山容が素晴らしいです。
私は「美し森」から「真教寺尾根」経由で一回、「美濃戸」から「南沢」経由で一回登りました。
岩場好きなら「真教寺尾根」コース、沢好きなら「美濃戸」コースがおススメです。


oo 投稿者:mignon 投稿日:2018/04/26(Thu) 08:28 No.147    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
丸男さん こんにちは!

素晴らしい 登山経験を知らせていただき まさに「山男!」と 感動しました。そして 北アルプスの映像や地図を確認する日々。便利な時代になりました。

なんども「禁止ワード」に架かりますので 少しずつ分けて投稿して観ます。

さてさて!なんと過酷な縦走登山をなさったことでしょう!!私は 初めて「大キレット」や「飛騨泣き」を動画で確認しました。

怖いですねえ?鎖を握っても リュックが重いですから どうしても谷川に引っ張られそうな気がします。動画撮影者も「怖い!」と嘆きながらカニ歩きでした。

先を行かれる夫人は リュックなしで軽々と歩いておられましたが 離れてしまうのも危険だと思いました。

ガスの中、大変な道のりだったことでしょう。

ガスの中で見えなかったのが、幸... - 丸男 2018/04/26(Thu) 11:21 No.148
Mignonさん、おはようございます。
禁止ワードでご迷惑をかけていること、申し訳ありません。
主に外国からのスパムメールを拒否するために設定してありますが、
時々、普通の日本語でも、部分的に引っかかることがあります。
対策を考えてみます。

大キレットと飛騨泣きは、ガスの中だったので、鎖場で垂直に登ったり降りたりした時も、
下が見えないので、怖さも少なかったです。
はるか下の方のガスの中から、谷の深さを感じるゴーッとした音が聴こえて来ましたが。
脚は多少震えましたが、夢中だったので、切り抜けました。


生れた時からワイルドに! 投稿者:mignon 投稿日:2018/04/22(Sun) 20:17 No.144    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
丸男さん こんばんは!

里山!私は標高300メートル程度の山の中腹に暮らしています。目の前も後ろも大木ばかり。特に樹齢60年の「果樹」が多いです。元は「果樹園」だったところに家を建てて暮らしているのです。

ですから 野菜やハーブ、栗や柿、すだち、ゆず、レモン、梨、かりんなどの果樹は手に届くところにあります。

「登山」は好きでした。一番きつい経験は「白馬〜旭岳」の縦走登山でしたが大抵は「穂高」を目指して「涸沢」で切り返すことを繰り返していました。

最後に登ったのは「戸隠」でした。

「穂高」が好きなのは、井上 靖さんの「氷壁」という小説に惹きつけられたからです。何度も読んでは 小説の通りに行動しようとして 先輩から叱られたものです。

一度「徳本峠」を目指しましたが たどり着けず、無念の帰還をしました。その時に「からまつ」の松ぼっくりの美しさに感動したり 紅葉した「からまつ」の針のような葉が舞い落ちる様子が忘れられません。

つまり 私は毎日 登山をしているような暮らしなのです。こんな環境でも足腰がしっかりしているのは 若い頃の「登山」の成果?と思います。

「戸隠」の帰りに立ち寄ったところがどこだったか?記憶が消えているのですが ローム層の黒い大地が地平線まで続く風景は忘れていません。


Re: 生れた時からワイルドに! - 丸男 2018/04/23(Mon) 18:37 No.145
mignonさん、標高300mの山の中腹にお住まいとは、羨ましいです。そんな暮らしに憧れます。
やっぱり登山が趣味だったんですね。北アルプスが多かったですか?

私も、南、中央、北アルプスを何度か登りましたが、
最も過酷だったのは、燕〜大天井〜槍〜南〜大キレット〜北穂〜涸沢〜上高地の3泊4日の縦走を、
台風接近中の日に強行した登山です。
事前に有給休暇を取って計画した山行だったので、強行してしまいました。

今考えれば無謀でしたが、荒天のせいで、飛騨泣きも大キレットも濃いガスの中で、
眼下が見えなくて、それが怖さを消してくれました。

戸隠は高妻、乙妻まで縦走したことがあります。
一泊二日でも良かったのですが、余裕をもって二泊三日でした。
初日は戸隠神社から八方睨経由で戸隠に登り、不動避難小屋(当時は無人小屋、今もかな?)に泊り、
二日目は避難小屋から高妻、乙妻を往復して、戸隠キャンプ場のバス停(当時、屋根付きの小屋がありました)に泊まりました。
寝袋持参で単独登山でしたが、二日目には
偶然にも、「山のいで湯行脚」の著者・美坂哲男さん(当時、岩波書店勤務)に会い、
2日目と3日目の途中まで同行しました。懐かしい思い出です。


Re: 生れた時からワイルドに! - mignon 2018/04/24(Tue) 20:38 No.146
丸男さん こんばんは!

素晴らしい登山経験!感動してコメントしましたが 今日は3回「禁止ワード」に架かりました。

色々と 工夫して観ましたがだめですのでまた後日にお伝えします。


春の庭で。 投稿者:mignon 投稿日:2018/04/11(Wed) 23:10 No.138    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
こちらは 関西で、京都に近い山暮らしです。周りは樹木。山を階段状に切り取ってありますから前も後ろも山です。3月から現在まで 果樹の花が次々に咲いて 目を見張る日々でした。今は「ラ・フランス」の花が クリスマス・ツリーのように 咲いています。
この樹を植えたのは ウイーンの森を訪ねた時に 樹形の美しさとぶら下がっている果樹の愛らしさに心を魅かれたからです。でも!まだ 茶色の「梨」しか生りません。昨年は 少し変形してきたかな?と思いましたが あの形になるまであと10年は必要かもしれません。

厳しい寒さが堪えたらしく「レモン」は2本とも枯れたかもしれません。やっと たくさん収穫できるようになったのに 残念です。

こうした環境の中で「映画」をたくさん観て過ごします。こんどは「映画」でお尋ねします。

Re: 春の庭で。 - 丸男 2018/04/19(Thu) 12:07 No.140
mignonさん、木々に囲まれた京都に近い山暮らし、四季折々に素晴らしい風景なのでしょうね。
特に若葉萌えるこの季節や、晩秋の紅葉など、絵のような癒される風景がイメージされます。
春先に山里で咲く様々な木々の花・・・
紅梅、白梅、ハナモモ、杏子、梨、桃、山桜、レンギョウ、ヤマブキなど、
眺めているだけで、気持ちが明るくなります。

ウイーンの森には行ったことはありませんが、
ビートルズの曲で「Norwegian Wood」(邦訳:ノルウェイの森)と言う曲がありましたね。
これも好きな曲です。

若い時に観た映画で「短くも美しく燃え」と言う恋の逃避行を主題とした映画があって、
そのラストシーンが北欧のどこかの森でした。
画面がストップモーションになって、銃声が2発。

モーツァルトのピアノ協奏曲 第21番・第2楽章が流れていて、
それ以来、私にとって、このピアノ協奏曲は哀しみがいっぱいの曲になりました。


Re: 春の庭で。 - mignon 2018/04/22(Sun) 09:38 No.142
丸男さん おはようございます。お返事ありがとうございます。ホンtウニ自然が織りなす風景は飽きることがありません。京都には 歴史豊かな園庭が多いですが「ワビ、サビ」の風情より ワイルドな自然が好きです。

さて「ノルウエイの森」懐かしい旋律です。微妙な旋律ですが不思議感が好きです。むらかみはるきさんの小説「ノルウエイの森」はこの ビートルズの曲名を使用されたそうですね?


モーツアルトのピアノ協奏曲21番は 私も印象深い曲です。貴族の軍人がサーカスの少女と逃避行をするのですね?たしか、森の中で少女が綱渡りをして彼氏を励ますシーンがありましたね?

セリフが無くて ただ二人の絶望的な愛が描かれていたように思います。悲しみいっぱいの曲ですね?


Re: 春の庭で。 - 丸男 2018/04/22(Sun) 14:23 No.143
mignonさん、ワイルドな自然がお好きとのこと、登山なども趣味でしたか?

日本人も外国人も京都ファンはたくさんいますよね。
多くの人が寺社仏閣の「ワビ、サビ」に惹かれているようで。
私は北関東に住んでいますが、友人知人の中にも、
京都のお寺さん巡りファンがたくさんいます。

私は静寂に包まれた寺社仏閣も嫌いじゃありませんが、
時間を取って出かけるなら山に出かけたいです。
高山の縦走など最高ですが、低山や近所の里山も大好きで
ちょっと時間があると、山の方へ出かけています。


米寿のお祝いwo 投稿者:高齢老人 投稿日:2018/04/19(Thu) 10:27 No.139    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
私にとっては、米寿とは遠い先のことと思っていたのですが、かっての勤務先の団体から米寿のお祝いの記念品が届けられました。
昔から長寿は御目出度いことといわれておりますが、わが身ともなると複雑な気持ちになります。
健康上のこともありますが、取り巻く世間も置いてきぼりにされている感が多いです。
例えば、市からの広報誌が届きましすが、紙面にはやたらとIT用語が使われており、例えば事業の細部はホームページを見ろとか、SNSとかインスタグラムとかソーシャルメデアとかシテイプロモーションとかが頻繁に登場されています。
これらの用語は、今ではみんな知ってる常識なのでしょうが、パソコンやスマホ無しでは理解できないと思います。
携帯電話も持たないわが身では、市から広報誌が届くたびにイライラが募ります。
人口11万に市には、IT関連の器具をもたないも市民も相当数存在すると思うのですが。
それとも、高齢者は眼中に置かないのかも知りませんね。


Re: 米寿のお祝いwo - 丸男 2018/04/19(Thu) 12:54 No.141
高齢老人さん、インターネット環境での様々な情報伝達、
テレビCMでも、「詳しくはウェブで」などと、インターネットありきのCMが増えて来ましたね。
いつの頃からか「情報インフラ」 なる言葉が広まって、
電気や水道同様に、ネット環境は全国民共通のインフラのような時代になって来た感じがします。

未整備な人たちを対象に、「情報難民」とか「情報格差」なる言葉を生み出して、
行政側もあれこれと検討しているようですが、
現実的には、触れたくない話題として、あるいは見て見ぬふりをして、
時の経過を待っているようにも思っています。


面白かった邦画 投稿者:丸男 投稿日:2018/02/04(Sun) 17:37 No.127    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
Amazon Primeで最近観た邦画で、面白かった映画。

■鍵泥棒のメソッド
 ・・・二人の男の人生を交換。凝りに凝った、練りに練ったシナリオ。ハラハラドキドキあり、でもコミカル。

■神様からひと言
 ラーメン一筋で起こした会社。今は二代目のバカ社長。
 主人公(伊藤淳史)は、問題社員ばかりを集めた部署へ異動されるも、彼らと共に持ち前の熱意で会社の窮地を救う。

■結党・老人党
 ・・・「老人党」。少子高齢化の今、現実的にもあり得る結党か?!

■大空港2013
 ・・・天候不順で松本空港に緊急着陸した飛行機。一見普通の家族を中心に繰り広げられるドタバタ。

Re: 面白かった邦画 - 丸男 2018/02/05(Mon) 11:06 No.128
ドラマシリーズですが
■深夜食堂・・・常連客の織り成す人生ドラマが味わい深いです。こんな店が近所にあって欲しい。


Re: 面白かった邦画 - 丸男 2018/02/09(Fri) 11:29 No.129
本日、別サイトに書いた映画の感想。
■チキンレース
ヤンキー仲間と彼女を賭けてチキンレースし、その事故で45年間眠り続けた男が、
25歳の男性看護士のケアで奇跡的に眠りから覚めます。
心は19歳、肉体は64歳の男と、親子代々医師一家の中で落ちこぼれ的存在の25歳看護士。
病院を脱走して45年間の空白を埋めるべく、北海道に住む昔の彼女に会うために二人で旅に出ます。
ワケあり、落ちこぼれ、問題抱えの人間だからこそ生み出す正直で生き生きとした人生。
友情あり、恋愛あり、家族の軋轢あり、様々な心の交流を描いた心温まる映画でした。


Re: 面白かった邦画 - 丸男 2018/03/23(Fri) 11:50 No.137
涙腺が緩む邦画。
■愛を積む人
 東京の下町で小さな工場を経営していた夫婦。
 経営に行き詰まり、工場をたたんで北海道へ。妻の要望でした。
 広大な敷地にポツンと建つ新築一軒家。妻の要望で石塀を積むように頼まれます。
 手伝うのは問題を抱えた若者。
 妻は心臓の持病で、塀の完成前に死亡。
 その妻が生前書き綴った手紙。
 夫と妻、父と娘、若者・・・許すこと・・・、人生とは・・・
 そんな問いを投げかけてくれます。


早春の花 投稿者:あおば 投稿日:2018/03/20(Tue) 11:14 No.131    ▲ページTopへ ▼次の記事の先頭へ
トサミズキいいですね〜(*^_^*)
黄色の花はみんな好きです。ミモザも近所の家で今ちょうど満開ですよ。
すぐ傍で見ると何とも綺麗でうっとりします。

18日に境駅前公園でサンシュユが、そして緋寒桜が見頃でした。
自転車で出かける度、色々な花に出会って写真を撮ってます。

トサミズキもですが、下向きに垂れ下がって咲いている花は可愛いですね。
アセビもです。


Re: 早春の花 - 丸男 2018/03/21(Wed) 10:43 No.133
あおばさん、そうでした、ミモザを忘れていました。
先日、どこだったか場所を忘れてしまいましたが、大きなミモザが咲いていて、
目を瞠るようでした。

それで、「あっ、そう言えば我が家のミモザは咲いているのかな?」
と見てみると、咲き始めていました。
まだ背丈が2mくらいなので、目を瞠るほどではありませんが、ミモザは意外と成長が早いんですね。
数年後には目立つ存在になるのだろうと楽しみにしています。


Re: 早春の花 - あおば 2018/03/21(Wed) 11:25 No.135
丸男さんの家にミモザがあるなんて、なんと羨ましいです。
ドライフラワーにしても素敵なんです。

公園は境駅北公園でした。帰りに例の和菓子屋さんに寄ってみましたが
残念な事に羊羹とどらやきしかありませんでした。
夫がきんつばが大好きなので、奥さんの話だと身体をこわしているので
今はいろいろと作れないそうです。


Re: 早春の花 - 丸男 2018/03/21(Wed) 21:10 No.136
あおばさん、我が家のミモザは、
3年前、友人から、背丈50cmほどの鉢植えをいただき、それを地植えしたものです。
最初の2年間は成長がイマイチでしたが、3年目に入ってスクスクと伸びました。
でも、ヒョロヒョロしていて、まだ幹は太くはありません。
今年の大雪で、大きな枝が一つ折れてしまって、残った方が元気に咲いています。
今年、試しに挿し木で増やしてみます。


[1] [2]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -